「個人喫茶店」はカフェ市場に豊かな生態系をもたらす -看過できないコロナ禍の閉店

「空から降ってきた隕石」

老舗喫茶店の相次ぐ閉店

新型コロナウイルスの影響で閉店に追い込まれる飲食店が相次いでいます。喫茶・カフェ業界もその一つです。

東京・渋谷の一等地で1975年から営まれてきたレトロ喫茶「珈琲の店 Paris COFFEE」。自粛営業のまま再開することができず20年5月26日に閉店を余儀なくされました。閉店を告げる長文の貼り紙には、「余力のない個人経営の小さな小さな喫茶店にとってコロナウイルスは空から降ってきた隕石のようなものでした」と記されていました。常連客らの閉店を惜しむ声は今も続いています。

東京・練馬駅前にある1971年創業の「喫茶アンデス」。コロナ禍の影響で20年5月22日に休業、そのまま再開することなく同年8月8日に閉店となりました。同店はあだち充さんの漫画『タッチ』に登場する喫茶店のモデルとしても知られる名店です。

個人喫茶店はここ40年ほど厳しい状況にあります。日本では70年代にインスタントコーヒーの普及とともに喫茶店ブームが起きましたが、ドトールなどのリーズナブル・タイプが進出する中で昔ながらの個人喫茶店は減少し続けます。同業の個人喫茶店が次々消えていく中、コーヒーと顧客に真摯に向き合い続けながら価値を高めてきたのがParis COFFEEや喫茶アンデスのような「生き残り」の個人喫茶店だったのです。その生き残り組が閉店を余儀なくされる。由々しき事態というほかありません。

緊急事態宣言中はカフェ市場が蒸発

昔ながらの個人喫茶店があっという間に閉店に追い込まれる。喫茶・カフェ業界が今直面しているのはまさしく「空から降ってきた隕石」そのものです。

下のグラフをご覧ください。2020年と2019年の家計の喫茶代を比較したものです。喫茶代は志村けんさんの新型コロナウイルス感染報道があった2020年3月下旬から目に見えて落ち込み始めます。極めつけは緊急事態宣言(4/7-5/24)です。同期間中、喫茶代は平均で7割減少、ゴールデンウィーク期間中はなんと9割の減少となりました。

コロナ禍の喫茶店支出の推移(前年との比較)

コロナ禍の喫茶店支出の推移(前年との比較)

緊急事態宣言中のカフェ市場はまさしく「蒸発」という状況でした。6月以降は少しずつ需要は戻ってきてはいるものの、コロナ禍以前のレベルには戻っていません。

「消えてはいけないもの」が消える

「空から隕石」が降ってきたら個人喫茶店のような中小店舗はひとたまりもありません。閉業に至る店舗には、

  • 消えるべくして消えていくお店
  • 消えてはいけないお店

の2つのタイプがあります。前者は産業の新陳代謝として致し方ないケースですが、後者はそうではありません。消費者を魅了する価値空間を提供しているのに、外部環境の急激な悪化等によって閉店に追い込まれるケースです。価値あるお店が消えるのはカフェ業界全体からみても大きな損失となります。

個人喫茶店はどちらのケースに相当するのでしょう。喫茶店の数は事業所ベースで67,198店(総務省「平成28年経済センサス」)あり、これらを一緒くたにはできませんが、少なくとも冒頭の老舗店のようなお店は「消えてはいけない店」であることは明白です。

カフェ市場の豊かな生態系

「個人喫茶店が潰れるくらいでカフェ業界が沈むことはないだろう」

こうした見方があるのも事実です。個人喫茶店は規模が小さいので「カフェ市場全体に与える影響は小さい」というわけです。しかしカフェ市場における個人喫茶店の役割・プレゼンスの重要性を理解すればそうは言っていられないことがわかります。価値ある個人喫茶店が消えることで業界全体がダメージを受ける可能性もあるのです。

代表的な4つの店舗タイプ

まずはカフェ業界がどのような構図になっているのか整理する必要があります。カフェ業界の店舗は大きく以下の4つのタイプに分けられます。

  1. 本格コーヒー・タイプ
  2. フルサービス・タイプ
  3. リーズナブル・タイプ
  4. 低価格タイプ

1つめの「本格コーヒー・タイプ」は本格的なコーヒーを居心地のよい空間で提供するお店です。豆の産地や淹れ方などにこだわったサードウェーブ系のブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒーが手本にしたとされるカフェ・ド・ランブル(銀座)のような高級喫茶店がここに入ります。

2つめの「フルサービス・タイプ」は、席で注文を取りコーヒー以外の料理を充実させるなど、店内の居心地の良さを追求するタイプです。飲みやすいコーヒーと分量の多い料理を出すコメダ珈琲や上島珈琲、電源コンセントやネット環境を整備しサラリーマン層に快適空間を提供するルノワールなどです。

3つめの「リーズナブル・タイプ」は1,000店を超えるドトールやスターバックスを中心としたコーヒー市場のボリュームゾーンです。店舗運営はマニュアル化・効率化され、レジで注文して商品を受け取るセルフサービス式が主流です。

4つめの「低価格タイプ」は缶コーヒー程度の値段で質の高いコーヒーを目指すタイプです。100円コーヒーでおなじみのコンビニ・コーヒーやファストフード店のコーヒーなどです。特にコンビニ・コーヒーは「100円で淹れたてコーヒー」という新ジャンルを生み出し、ドトールなどリーズナブル・タイプを脅かしてきました。

カフェ市場の生態系

カフェ市場の生態系